本文へ移動

持続可能性へのコミットメント

世界に台湾を見てもらおう

2020年TECOは、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)、S&Pグローバル・サステナビリティ・イヤーブック、FTSE4Good TIP台湾ESG指数に掲載されています。台湾トップ50企業サステナビリティ金賞を7年連続で受賞し、6年連続でコーポレートガバナンス評価の上位5%にランクインしました。

TECOは、2015年を基準年として、省エネと排出削減の10年間の目標を20%達成することを正式に宣言しました。目標は、2025年に二酸化炭素排出量を20%削減することです。TECOは、全スタッフの共同の取り組みにより、2020年の5年前に排出削減目標を達成しました。関連する対策には、既存の省エネ設備の交換、生産スケジューリングの効率化、スマートで自動化された生産技術の開発、GHGおよび冷媒脱出の防止が含まれます。TECOは、第1段階完了に続いて、内部炭素価格(ICP)の3次元、リサイクル材料と廃棄物リサイクルの比率、および気候影響管理の3次元の指標を含むサステナビリティKPIを完全に実施します。

2021年には海外工場に対して実施を拡大し、企業文化にサステナビリティの概念をしっかりと根付かせる計画です。したがって、2050年までにEU目標の正味排出量ゼロを目指します。


サステナビリティ アワード

東元電機株式会社の会長である邱純枝は、個人賞部門で最も権威ある「優れた企業サステナビリティプロフェッショナル賞」を受賞しました。当社は、総合業績部門で台湾TOP50企業サステナビリティ賞、企業サステナビリティ報告部門におけるプラチナ賞、および持続可能な開発の促進におけるTECOの取り組みと成果を明確に示す優れた例部門の透明性と完全性賞と社会的包摂賞を受賞しました。
TOPへ戻る